想いを馳せる 

七夕の願い

7/7
 今日は、七夕だ。この国では、七夕のイベントはないけれど・・・月は満月でとても綺麗だ。写真をとりたいけれど、夜中に三脚を立てて、時間をかけてとることは、身の危険を感じるからとっていない。

 今日、他の日本人ボランティアと一緒に七夕の日の願いを満月に向かって行った。「僕の願いは、「家族の健康」と「世界平和」。

 おもしろいことに、僕は、小さな世界平和を願って青年海外協力隊に参加をしたが、この国は、昨日のブログで書いたとおり、世界第二位の幸せな国だ。でも、これは、ある一つの指標の過ぎない。

 「世界平和って何だ?」僕は時々、考える。どんな社会が世界平和なのか・・・。僕が、想像する世界平和。ドミニカ人が考える世界平和。金正日が考える世界平和。ビンラディンが考える世界平和。今日食べることさえできない子供たちが考える世界平和...

 恐らく、というか絶対 彼らが考える世界平和は、すべて異なる。戦争がなければ、世界平和なのか・・・そんな簡単なことではないと僕は思う。

 .立場が違えば、考える方がま逆ってことなんて十分考えられる。独裁者やテロリストだと言われている人たちも、彼らが信じている正義のために命をかけて戦っているに過ぎないのかもしれない。ただ、
e0158188_0135351.jpg
何が正解、何が間違えているかなんて、誰もわからないように気がする。

 ただ、簡単な言葉ではないが、どの国、どんな場所であろうと関係なく、小さなことでも自分ができること。それが世界平和への第一歩だと信じて。だから今は、この場所で頑張ろうと思う。家族の健康を願いながら・・・
[PR]
by R-PT4575 | 2009-07-09 00:15 | instantáneo