想いを馳せる 

恐怖

8/3

 今日、恐怖を感じた。以前、この国で強盗にあったが、それに匹敵するものだった。

それは、自宅から1、2分程度から離れたところから帰るときだった。最近少し暗くなると、僕は走る。何故かというと、強盗などの被害を避けるためだ。

 でも今日も走っていると止まっていた車が、ライトを付け、しかもハイビームにして、急に走りだした。最近は、かなり警戒しているからだけど、かなり嫌な感じがした。

 だからそっから猛ダッシュをした。ここ数年間最高の速さで・・・
だけど道角を曲がっても、車も同じ方向に曲がってくる。家の門構えまであと少し、最後の力を振り絞る。
 
 家の門までなんとかたどり着いた。しかし、開けるのに少し時間がかかる。約5秒くらいだろう。そうしているうちに車が追いついてきた。

 僕は、もし、誰かが、降りてきたら大声を出す準備をした。でも恐怖におののきながらも、誰が車に乗っているのかを振り返って確認した。

 すると男二人組が乗っていて、二人ともこちらを見ている。しかも助手席側の男は、かなり身を乗り出している。目が完全にあった。ヤバい・・・犯られるのか・・・

 でも、通り過ぎると同時に、門のドアを開けて入ることができたので、これで、もし降りてきてもほんの少しは時間が稼げると考えた。でもまさか、車は止まらないだろうとも思っていた。

 ところが・・・
 ところが、その車は、約20メートル先のT字路でUターンをし始めた。

マジで?!そんなんあり?!

 僕は、その時、その間に玄関から家の中に入るか、物影に隠れるかどちらを選択をするかを一瞬で決めなければならなかった。
 玄関は、防犯上普通のドアと檻のような鉄格子でできている。だから二重のドアを開けなければならない。しかもそのドアの位置は、路上から丸見えだ。玄関のあける時間はない。

 やむなく僕は、家の庭の物影に隠れた。車が返ってきた・・・僕は心の中で、強く「絶対に止まるなっ!!!!」と念じた。

 結局、その車は、止まることなくノロノロと通り過ぎた。

これは、決して思い過ごしではない、止まっていた車が 僕が走っているのを ハイビームで確認してから動きだし、そして家の前まで付いてきて、その後、Uターンして戻って行った・・・。無警戒で歩いていたら犯られていたかもしれない。

 この国のことは、大好きだけれど、怖い部分も多い。
今日、恐怖におののいた・・・
e0158188_1315622.jpg
e0158188_4483658.jpg
e0158188_449846.jpg
e0158188_4515836.jpg

[PR]
by R-PT4575 | 2009-08-06 02:59 | instantáneo