想いを馳せる 

英語

e0158188_24873.jpg
8/5
 最近、英語の学校に行き始めた。この国にきて、スペイン語が、あまり話せないと、よく英語なら話せるのか?と聞かれる。

 もちろん、すかさず、私は、英語が話せません。今は、スペイン語の方がより得意です。とスペイン語で答える。

でも、中学、高校、大学、そして資格などを取るために英語の勉強をしてきたはず・・・。なのに全く話せない。

それが、本当に悔しく、いままで学生時代に勉強したことを活かせば、多少なら話せるはずと思い、英語の学校に行き始めた。さらにこの国で、英語の勉強をする人は、スペイン語を母国語とする人がくるので、クラスメートと仲良くなれば、スペイン語を話す友達ができると期待して・・・。

つまり、英語とスペイン語の勉強のために、通うことにした。でも、二兎追うものは一兎をも得ず ということわざがあるから、中途半端になる可能性は大だが・・・

でっ 英語のクラスのレベルはというと、中学一年生のレベルからスタートとなった。本当は、もっと難しいクラスで沢山話す練習をしたいんだけど・・・ 最初は、初心者レベルからスタートしないといけないらしい・・・。まぁ、スペイン語ばっかりの毎日の気分転換だと思ってぼちぼち頑張っていこう。

問題は、もう一つある。この国の女の子の服装は、露出が多い。すこしいスケベな話になるけれど、道端であるいている女の子が胸が半分以上むき出しになっていることも珍しくない。ただ、不思議に興奮はしない。(チェックはきちんとするけれど・・・)興奮しないのは、あからさまに見せられると興奮しないのだろう。いわゆるチラリズムが大切なのだと思う。でっ その問題というのは、英語のクラスの時も、女の子の服装の露出が多い。道端なら一瞬ですれ違うから別に問題ないんだけれど、教室の中では、ずっと一緒だ。
だから目のやり場にかなり困る。別に興奮はしないんだけど、油断すると自然に目が行ってしまう自分に気付いてしまう・・・男の性(サガ)だからしょうがないと自分で言い聞かしてるが・・・

盗撮に、そして、スケベな視線、何をしにこの国に来てるんだと 自分を戒める。
e0158188_2485354.jpg
e0158188_3244110.jpg

[PR]
by R-PT4575 | 2009-08-08 03:25 | instantáneo