想いを馳せる 

lujo

e0158188_1220224.jpg
10/7
Mi amigo escrbio una oración mi blog.Él escibió que se sentia la felicidad mientras estaba sentado en la tabla caliente.
Ciertamente yo pienso que eso esta la felicidad.

En este pais yo siento la felicidad cuando hay una tabla porque en mi casa no esta tabla.Y en este pais muchas veces no hay un tabla cuando voy al bano.
.Es lujo demaciado que una tabla es caliente.

Si alguien me pregunta "qué tipo de la comida quiere comer?",yo quiero responder lo siguiente.Quiero comer YAKINIKU , RAMEN ;GYOUZA,KARAAGE,KARE.

En este país no puede comer estas cosas delisiosos.Es lujo muy lo que puede comer estas cosas para mí.

Dentrode 1 año y media, qué comeré primera vez....

私の友達が、私のブログにある文章を書いた。彼は、温かい便座に座りながら、幸せを感じると。確かに、それは、幸せだと僕は思う。この国では、便座があるだけで、幸せを感じる。何故なら、私の家には、便座がないから。しかも、トイレに行く時、便座がないトイレが多い。便座が熱いことは、ぜいたくすぎる。

もし、誰かが、私に何を食べたいですかと質問したら、私は、次のように答えたい。私は、焼き肉、ラーメン、餃子、から揚げ、カレーを食べたいと。

この国では、美味しいこれらを食べることができない。今の私にとって、食べれることは、ぜいたく過ぎる。

一年半後、最初に何を食べようか・・・

・・・・・・・・・
日本にいるとき、あまり食に興味がなく、いまでも、コーンフレーク生活をしているが、日本食を食べたい欲に強く駆られる。やっぱり日本がいいなぁと改めて感じる。

話がかわるけれど、今日、食堂のカウンターで、ジュースを買うときに、嫌な思いをした。まず、並んでいたら、順番を抜かされるのは、当たり前。しかも、順番を抜かされていることを、店員がわかっていても、素知らぬ顔で、注文を受ける。そして、やっと順番がきたときに、注文し、少し、スペイン語が、わからなかったら、こいつは、理解できないのか、と他の人の注文をとり出す。そして、なんとか、注文にこぎつけ、そして、いざ、お札でお金を払おうとすると、小銭がないから、お釣りがない。だから、もっと小さい小銭で、払えという。小銭くらい用意しとけよ と心の中で強く、思いながら、小銭を出す。そして、いざ、店員が、ジュースをコップに注ぐんだけど、なぜか、従業員同士で、会話を始めて、完全に手が止まる。ジュースを注いてから喋れよっと 心で強くおもうが、じっと耐える。そして、いざ、ジュースを注ぐとき、勢いよく入れるから、たくさんこぼれる。だから、コップのまわりがベタベタになる。もちろん、店員は、だからなんだと、何も気にせず、そのまま、普通に僕に渡す。

 ジュース一個を買うだけで、なんで、こんなに嫌な思いをしなければならないんだ、と強く感じる。しかもほぼ、毎回、同じ思いをさせられる。もう、だいぶ慣れているけれど、やっぱし、嫌な思いをする。

 だからといって、今住んでいるこの国が嫌いになったりしないけれど、日本の普通の生活、なんて贅沢なんだとしみじみ感じる。
[PR]
by R-PT4575 | 2009-10-08 12:20 | instantáneo