想いを馳せる 

大学での講義

12/2
Este lunes yo fui a la universidad de para conversar con la director de la fisioterapia de esta unversidad.El continiendo que nosotros conersamos fue la clase desde enero.

En consecuencia puedo tener clase de fisioterapia cada semana sobre evaluación de la fisioterapia.Si en japón ,es increíble que yo enseño con la estudiante de PUMM en esta universidad.

Yo estoy pensando que la fisioterapia de este país nececita más evaluación para deallorar la fisioterapia de este país.Por eso enseñaré la evaluación.

Desde luego tendre que enseñar en español.Flancamente no tengo la confienza.Pero yo enseñare con animo.

今週の月曜日、職場の近くにある大学にいった。
そして、その大学の理学療法学科の理事長と話した。
その内容は、一月からの授業についてだ。
話した結果、一月から週二回(クラスは別)、各一時間のクラスを担当することになった。

日本なら、大学で教えるなんて考えられないけれど、この国では、なんとかなるみたいだ。
まだ、理学療法のレベルも高くないというのが一番の理由だろう。

この国の理学療法の発展のためには、もっと理学療法評価が必要だと思っている。
現実、働いている職場では、理学療法カルテを書くことがなく、画一的な治療が行われている。
チームアプローチの要請もあるのだけれど、まだまだ、そんなレベルではない。
カルテの必要性を強く語っても、なかなか受け入れてくれない。
時間がないというのが理由だ。
僕からすれば、携帯電話、おしゃべり、コーヒータイムが沢山あるからその時間を、カルテに書く時間にすれば と思うが、そう簡単にはいかない。

一行だけでも・・・・って伝えても、答えは、無理だと・・・

だから、大学では、理学療法評価を伝えたいと思っている。
もちろん講義の言葉は、
スペイン語・・・
そんなんできるのかと正直思う・・・・

通訳してくれる人もいない 当り前だけど・・・

やはり乗り越えるためには、準備を万全にするしかないっ
年末は、準備に力をいれよう。
この講義は、今後の活動に左右するかもしれないからっ!!!!

少しでも、理学療法評価の必要性を教育部門から感じてくれることを願って・・・

e0158188_1231961.jpg

e0158188_125762.jpg
e0158188_1275418.jpg
e0158188_1291052.jpg
e0158188_12111250.jpg


世界の子供たちの瞳が、輝ける世界を目指して!!!!
[PR]
by R-PT4575 | 2009-12-02 12:17 | instantáneo