想いを馳せる 

basura

このゴミを解決するために
日本も協力している。

二枚目の写真は、日本で走っていた車をドミニカ共和国に持ってきている。
また、環境負荷の少ないゴミ処理の方法を指導したりもしている。

人間が生きていく上で、ごみが出るのは、必然
地球環境のためだけを考えるならば、
全世界の人々がこの地球を去るしかない

それは、究極な選択だが、
共存するためには、
できるだけ多くの人が、この問題を考え、
少しずつ、何かを実践することが大事なのかもしれない

子供たちの未来のために


e0158188_09324.jpg
e0158188_0144060.jpg
e0158188_0154280.jpg
e0158188_016551.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
いつまでも子供たちが、夢を語れるそんな社会を目指して・・・
[PR]
by R-PT4575 | 2010-04-28 00:28 | instantáneo