想いを馳せる 

トキメキ

コスタリカでの研修は、
もちろん、観光する時間なんてまったくなかった。

でも、情報交換をできてことは、有意義だった。

コスタリカでは、JICA(青年海外協力隊を実施している母体、日本のODAを担っている)の
リハビリテーションのプロジェクトをおこなっている。

簡単にいうと
協力隊だけじゃなく
もっとお金と専門家の人材も使って
リハビリテーションをよくしようというプロジェクトだ。
その結果も求められる(協力隊は結果を求められない)

実は、協力隊が終わっても

将来もっと国際協力に協力できればなぁ
ってひそかに思っている。

だから専門家の人たちとお話をすることができて、
よりイメージすることができた。

また、同じ職種の協力隊同士でも将来の話とかして、
心がさらに、ときめいた。

ただ、現実的に言語の能力が足りない。
英語も必要だと思う。

気持ちだけでは、叶えられない現実がある。
でも、可能であれば、
少しずつ、問題を解決できればと思う。

でも、それも気持ち次第かもっ!!!

e0158188_11452776.jpg
e0158188_11461052.jpg
e0158188_11474918.jpg
e0158188_114955.jpg

[PR]
by R-PT4575 | 2010-09-28 11:58 | instantáneo