想いを馳せる 

目が合わない

この週末は、東京に滞在している

カメラを持って日本の写真を撮ろうと
渋谷、代官山、恵比寿、新宿などを散策する。


いま見る東京は、とても新鮮で、面白い。
外国映画で、東京のシーンがでるそのままのイメージ

すこし奇異な感じだ


だから沢山 東京の写真を撮ったかというと
撮っていない。。。

なぜだろう。。。。。


いま、東京の街を歩いて感じるのは、
冷たい


建物、人、社会がすべてが冷たく感じる

人がこんなに沢山いるのに
店もこんなにお洒落なのに
面白い場所も沢山あるのに

誰とも目が合わない
コミュニケーションがない

たしかに店員は、愛想がいいけれど・・・
それって本当の笑顔じゃ・・・
って思ってしまう



一言でいうとすべてが無機質




地元大阪でも帰ったとき
同じような気持ちになるだろうか


見慣れている場所だから
ほっとするのだろうか・・・
それとも・・・・


ドミニカの懐かしさと 寂しさを感じる


そんな気持ちでは、シャッターを押せなかった。


e0158188_21405231.jpg

[PR]
by r-PT4575 | 2011-03-27 21:44 | instantáneo