想いを馳せる 

<   2009年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

いざ サンティアゴへ

4/29
今日、語学学校が終了した。スペイン語が上達したかは、自分ではあまり分らないけれど・・・

 だけど、確実に、わからないけど、わかったふりをするのは上手くなった。相手の質問は、わからないけれど、雰囲気で答えて、間違っているかあっているかは、相手の反応をみるのが、以前より上手になったっ 僕は、語学の習得が苦手だと思うので、この雰囲気で身につける技を向上させる必要がある
 
 明日は、赴任先のサンティアゴに向かう予定。約四か月仕事から離れているから、かなり心配だけれど、楽しみのほうが大きい。早く働きたいし、患者さんからエネルギーをもらいたいな
e0158188_10563923.jpg
e0158188_10572196.jpg
e0158188_10585290.jpg

[PR]
by R-PT4575 | 2009-04-30 10:59 | instantáneo

危険

e0158188_5521342.jpg
4/26
 グワグワ(小型バス)、箱乗りしているのがコブラドール(車掌)

この国は、日本車が多く走っている。おそらく一番の多さだ。走っている年代も幅広く、20年以上前の車もこの国では、十分現役だ。だから小さい頃、好きだった車が、走っているので、見飽きない。

 本当にボロボロな車でも走っている。特にグワグワ(バス)や乗り合いタクシーのボロさは半端でない。今日は、グワグワに雨降っているときに乗ったが、水漏れがひどい。しかもワイパーが動いていない。フロントガラスもヒビが入っているから全然前が見えていない。さすがに、乗っていて少し怖かった。いつもは、バスの出入り口は開放し、箱乗り状態で街中の人々に乗れ乗れと呼びこみをしているコブラドール(車掌さんみたいな)も、大雨のときは、おとなしく座っていた。

 不思議なことに日本で走っていただろう車もすべて左ハンドルだ。何故日本で走っていたかがわかるかというと、日本語で書いたステッカーなどが貼られている車が多いから。わざわざ左ハンドルに変えてるかと考えると、たぶん、この国の運転は、みんなかなり荒いため右ハンドルでは、運転できないんだと思う。

4/27
 緊急事態発生。虫の大量発生。部屋に入ると電球の回りに虫がブンブン飛んでいる。しかも部屋干ししている服にもたくさん・・ 多少の虫には慣れてきたが、大勢で来られるとさすがに参る。やむなく僕の健康に悪いとわかっていながらも大量の殺虫剤をまき散らす!!!
すると虫がベッドの上で散乱・・・ なんてこった・・・最悪の事態・・・
この虫は、羽アリみたいな虫で、よくわからないが、すぐ羽が取れる。取れたあとは、モゾモゾと這いまわる 僕にとって、ホラー以外何物でもない。
今日は、このベッドで寝ないとだめなのか・・・明日は、発表だというのに・・・

e0158188_5535599.jpg

e0158188_5544370.jpg

乗合タクシー
e0158188_5554161.jpg

e0158188_5562350.jpg

全部現役で動いています(*^_^*)
[PR]
by R-PT4575 | 2009-04-29 05:55 | instantáneo

初心

4/25
スペイン語が上達しない。来月から赴任先の病院でボランティア活動が始まるというのに・・・ なかなか難しい・・・雰囲気でなんとか生活はできるのだが・・・

そのスペイン語の勉強をしている語学学校の先生はとてもかわいい。というかセクシーだ。しかもこの先生は、個人レッスンの先生だから少し楽しい♪

語学学校最後の前日に、スペイン語で今回のボランティアのプロジェクトについてプレゼンテーションがあり、今のその練習をしているが、医療の専門用語がでてくるとさらに覚えにくい。この国というか、海外の多くでは原稿を読みながら発表するのは、子供だけとされているみたいなので、暗記しなければならない。まぁ、あと二日もあるから大丈夫だと思うが・・・

 この国にきて、僕はより環境について思うようになった気がする。それは、僕たちは、ボランティアとして少しでもこの国に協力をしたいと思い、この国に来ている。だからこそ、この国に対して迷惑をかけたくないという思いから・・・
 
 例えば、毎日、昼は中華の店で買ってるが、このお店は、お持ち帰りもこの店でも食べることができる。たとえば、友達が持ち帰るときも、僕は容器はゴミになるからと思い、一人でも店で食べるようにしてる。ただ、この国では、下水道がきちんと整備されていないと思うので、洗剤を使って皿を洗うのも十分環境に負荷がかかるので、どっちがいいのかわからないが・・・

とにかく、この国の協力に来たという初心を忘れずに、自分のふるまいにきをつけたい。
e0158188_5452961.jpg
e0158188_54631100.jpg

[PR]
by R-PT4575 | 2009-04-29 05:46 | instantáneo

途上国での生活

e0158188_540682.jpg
4/23
最近痩せた・・・ 下痢と食欲があまりないため、そして毎日1時間以上、暑い中歩いているためか・・・出国前は、人生で一番くらい太っていたが、いまは以前よりスリムになったような気がする。同じボランティアの仲間にも「痩せたんじゃないか」と何人かに声をかけられた。

 ちょっと体を絞りたいとおもっていた僕にとっては、いまのところちょうどいい感じだっ。まぁ 健康には気をつけないと駄目だが・・・

4/24
今日、夜の7時にグワグワに乗った。今まで昼は、良く乗っているが、夜は初めてだった。グワグワは、乗合バスで、車自体がかなり古くオンボロ。後ろの窓はなく、ビニールシートでかぶせているだけ。

 入国当初、こんなバスなんかに乗るわけないと思っていた。治安と交通安全上から・・・怖いと思っていたし

しかし、今では、普通に昼は乗っているし、今日は、夜に乗った。こうやって慣れていくのだろうけど、変に慣れてしまうと安全に対する危機管理が欠如してしまうので、要注意だなぁと感じた
e0158188_5411434.jpg
e0158188_5425140.jpg

[PR]
by R-PT4575 | 2009-04-29 05:42 | instantáneo

値切り

e0158188_526194.jpg
e0158188_5303782.jpg
e0158188_5331386.jpg


4/22今日は、語学学校の授業で、町に出かけ、お土産屋で値切る練習をした。ここのお土産屋は、大きな建物に小さいお土産屋が沢山入っている。だから各お土産屋が、それぞれめっちゃお客に声をかけ、「入っていけ、入っていけ、見るだけでいいから」(もちろんスペイン語(^_^;) )と惹きが強い。それにつられ一回入るとなかなか帰してくれない。

値切りは、比較的簡単に値切ることができるのだが、値切った後、結局買わない(買えない。赴任先まで、また移動するため荷物を増やせない)から最後に断るのにとても苦労した。でも、店のかわいいお姉さんと話したりすることもできたから結果的には楽しかった授業でした。 
[PR]
by R-PT4575 | 2009-04-23 05:34 | instantáneo

今できることは 今しなければならない

e0158188_5175482.jpg
e0158188_5193173.jpg
4/21
 昨日の夜9時くらいから12時くらいまで停電があった。今までも、昼間に数分とか真夜中に数分とかなら経験していたが、夜の活動時間に長時間起きるのは 初めてだった。
 日本では、夜に停電は、ほとんど経験しないので、突然起きた今回は、びっくりした。
本当に真っ暗になる。子供の携帯の光を頼りに、なんとか懐中電灯を探し出した。しかし、真っ暗だと何もできない。そのため、九時過ぎにそのまま就寝した。
 水が出ないときも感じたが、「今できることは、今する!!後でしようと思わない」これがこの国の鉄則だと感じた。

e0158188_5381054.jpg

[PR]
by R-PT4575 | 2009-04-23 05:22 | instantáneo

貧困層の子供たち

昔 日本人が住んでいたこの村には、現地のドミニカ人が住んでいる。しかし、住みにくい状況は変わらず、貧困な村になっている。
首都とは、大きく違い、裸の子供が多い・・・

僕たちは少しでもこの状況を変えることができるのだろうか・・・

e0158188_5364679.jpg

[PR]
by R-PT4575 | 2009-04-21 05:37 | instantáneo

移住政策

e0158188_519248.jpg
e0158188_5204944.jpg

e0158188_522799.jpg
4/18
今日、日本人がドミニカ共和国へ移住した地を訪問した。ドミニカ共和国には、戦後に日本国による日本人のドミニカ共和国への移民政策がとられた。戦後の混乱期に日本の食糧難の対策の一つとして・・・
 カリブの楽園とうたわれたこの移民政策の現実は、本当に厳しいものだったらしい。つい最近まで、裁判で国と移住者が争っていた。
 この土地は、石が多く、しかも近くに塩湖があるため、塩が噴き農業には全く向いていなかったらしい。1000人ちょっとの移住者達の中には、苦しい生活の為、そして、連れてきた家族を苦しませたてしまったと思いから自殺した人たちが、10人もいるそうだ。
 この日本人が住んでいた場所は、首都から車で4時間程度かかり西の端にある場所だ。今のように、インターネットなど情報がない時代において、この土地に来る途中、そして到着したとき本当に不安だったに違いない。僕は、今、国のODAの一環としてこの国に派遣されているが、自分たちがいかに恵まれた状態でこの国にやってきたのかを強く感じた。水が少しでないぐらいでわがまま言っている自分を恥じた。
[PR]
by R-PT4575 | 2009-04-21 05:22 | instantáneo

いつ慣れるのか・・・

e0158188_5222445.jpg
4/16
今日も水が止まっている。日常茶飯事なんだろう。もちろん食器を洗うときは、洗剤がついた皿を一回チャポンとつけるだけで終わっていた。前回より衝撃を受けなかったので、少しずつなれてきたのだろう。頑張れ俺の体。負けるな洗剤の残りカスなんかにっ

 先日、語学学校から先生達とホストファミリーについてのアンケートがあった。僕は、家族に対して、家族はやさしいけれど食器について少し、清潔じゃないと書いた。

 すると、学校で、この国では、洗剤を使わないで洗うのは普通の文化だから大丈夫。汚くないという説明があった。
 僕は、どう汚いかを簡単に説明したのだが、スペイン語で説明しているので、全く伝わらなかっただと理解した。洗剤がきれいに流されていないのが嫌なんだと。あと虫が台所を這うのがあまり好きになれないのだと・・・
 僕のスペイン語では、このことを伝えることができなかった。

 そして、今日、家に帰るとホストマザーから「うちの皿はちゃんと洗ってるから綺麗なんだ、汚くない」と(何となくのニュアンスで理解)少し興奮気味で言われた。語学学校から言われたんだろうが、まず、語学学校の素早い対応に驚いたのと、どのような形で伝えたのか不安だったが、「まぁスペイン語はまだ、理解できないから」って思って気にしないようにした。
 
 ドミニカ人はラテン気質だから時間も守らないし、あまり働かないと聞く。しかし、この語学学校に限っては、全くそんなことはない。
 
 そして、最後に、今日、水がでないので、貯め水を使ってシャワーを入るべきかどうか思案中・・・(早く順応しろよっと自分でも思いながら・・・しかも、さっき食器を洗った水だから、体洗うのぐらい大丈夫だろっっという突っ込みを自分でしつつも)
e0158188_5254441.jpg
e0158188_5284685.jpg

[PR]
by R-PT4575 | 2009-04-18 05:30 | instantáneo

両替

e0158188_22185915.jpg
4/15
 やっぱり虫が多い。朝、起きたら、自分の部屋で、ゴギブリ君と御対面。一回は、見逃してあげたが、すぐ再び目の前に現れる。目に見えないところに逃げていくのは、ある程度我慢できるが、チョロチョロと目の前に現れるのはさすがに 我慢できない。
 仕方なしに 殺虫剤を持ってきた。もちろん逃げてしまったとおもったが、再び足元に現れる。何故、あえて目の前に現われてくるのだ。ゴキブリ君はっ
 朝いちばんから 殺生するのは、気分がよいものではない。

 いつも思うが、虫が多すぎる。この前は、電子レンジの中にアリ君が這っていた・・・
この家では、食べ残りを保管するのにも使用しているからだと思うが・・・

 今日、手持ちのお金が少なくなってきたので、銀行のATMで初めてお金を下した。
きれいに順番を守って並んでいるが、ATMを操作している次の順番を待っている人の立ち位置が、非常に近いっ。 番号も見ようと思えばみえるし、いくら現金をおろしているかもわかってしまうだろうっ しかもゴツイ男が後ろに並んでいると怖いっ ビビってしまって、10000ペソ(3万円くらい)をおろした後は、みんなが泥棒にみえてしまってそそくさと帰った。。
 しかも警備員は、ショットガンらしき銃をもっているからなんだか怖い雰囲気。まぁ 慣れてしまえば、なんてこともないだろうが・・・
e0158188_2221727.jpg
e0158188_2222129.jpg

[PR]
by R-PT4575 | 2009-04-16 22:20 | instantáneo